会社概要 戻る

ごあいさつ

「水環境のトータルプロデューサーを
目指します!」

 弊社は昭和54年の設立以来、活魚水槽から水族館設備など、水環境のトータルプロデュースに一貫して取組んで参りました。多様化する都市空間のなかで、お客様の様々な水産設備のニーズに応え、お望みのシーンを創り出すことを「願い」として、日々勉強の連続です。
 また、プラテック事業部では液晶・半導体部品をはじめとする各種プラスチック素材の加工(手加工・機械加工)にも取組み、様々な分野でご愛顧をいただいています。
 平成29年より、「日本サカス株式会社」に社名変更し、百年企業をめざして更なる躍進を期して参ります。
 私たちは、社業が多くの人々の幸せづくりにつながるよう大きな夢を追い求めています。企業の使命は三つあると思います。収益性(税金を払って公共のお役に立つこと)、社会性(人々の幸せに貢献できること)、人財育成(社員が家庭や地域から頼りにされる宝になること)。どれも我が社にとっては大きなテーマですが、「積小為大」をモットーに小さな日々の積重ねを大切にしていきたいと思っています。

 今後とも一層のご支援、お引き立てをいただきますようお願い申し上げます。

 

代表取締役 蓼 征成

代表取締役 蓼 征成

会社概要

会社名 日本サカス株式会社
所在地 本社・アクア事業部〒731-0101 広島市安佐南区八木1-14-26
プラテック事業部  〒731-0101 広島市安佐南区八木1-12-15
代表者 蓼 征成(タデ・マサナリ)
資本金 1,000万円
創業 昭和42年11月
決算期 年1回(7月31日)
取引銀行 広島銀行 中筋支店 ・ もみじ銀行 古市支店 ・ 商工中金 広島支店
社員数 20名
工場・倉庫敷地 3,000㎡
資格 建設業許可(管工事業・機械器具設置工事業)(般-24)第31759号
第一種フロン回収業者登録番号 34 1 201 0320

沿革

昭和42年 11月 個人創業
昭和54年 2月 蓼苑水槽設備株式会社を設立
昭和60年 9月 代表取締役 蓼 正行 逝去
蓼 正成 代表取締役に就任
昭和61年 7月 株式会社タデエンに社名変更
平成 9年 1月 新社屋工場新築に伴い八木1-12-15に移転
平成16年 6月 九州営業所を開設
平成18年 9月 東京営業所を開設
平成28年 8月 大阪営業所を開設
平成28年 12月 新社屋竣工に伴い現住所に移転
平成29年 1月 日本サカス株式会社に社名変更